So-net無料ブログ作成

中古マンションで住宅ローン減税の最大20万円を最大40万円にする方法。 [お金・税金]






目次:中古マンションを購入するときに知っておきたい情報戦術のメモ一覧

住宅借入金等特別控除
住宅ローン控除とか住宅ローン減税と呼ばれている制度で一定の条件を満たせば所得税額(住民税)から控除される。確定申告すると住宅ローンの年末残高1%が10年間戻ってくる。

ところが、中古マンションの購入だと控除が最大20万円と知ってガックリ。
マジか!中古マンションだと住宅ローン減税は年最大20万円!?


なんとかならないかと考えてみると、中古マンションでも住宅ローン控除を
最大40万円にできる手段があった!

それは、夫婦でローンで借りる。
ペアローン、連帯保証人、連帯債務と3パターンあるけどペアローンと連帯債務(フラット35)を夫と妻で個別に組むことで夫20万円+妻20万円の最大40万円にできる。(住宅ローン控除を受けるための条件クリアが前提)


例えば、住宅価格は3,000万円、頭金を妻が500万円、所有権の登記は、1/2ずつとして計算してみると。

ローン残高 3,000万円 - 500万円(妻の頭金) = 2,500万円
内訳① 夫1,500万円 → 年末残高 1,450万円
内訳② 妻1,000万円 → 年末残高 950万円

とすると
夫14.5万円、妻9.5万円で合わせて24万円のローン控除で最大20万円を突破できる。夫の単独ローンで年末残高2,500万円だった場合のローン減税は、最大20万円なので4万円も多くもらえる。


このまま年間100万ずつ返済していくとすると控除されるローン減税の総額は、
夫婦ペアローンの場合:24万 → 23万 → 22万 …→ 16万
夫単独ローンの場合 :20万 → 20万 → 20万 …→ 16万

夫婦ペアローンだとローン減税額は10年間で180万円、夫単独だと170万円となり10万円の差が出る。2,000万円以上の年末ローン残高が10年続くような返済プランのときはペアローンも考えてみよう。



ポイント
夫婦ペアローンにすると住宅ローン減税が夫20万円+妻20万円になる。
ペアローンは、契約手数料などの諸費用が個別に必要になる。

返済中に妻が出産、育児などで休職になるかもしれない。
金額だけじゃなくいろんな面で得になるように銀行に相談してみよう!




マイホーム大全2018 (100%ムックシリーズ)
マイホーム大全2018

予算から不動産屋、物件、ローン、確定申告まで住宅購入のストーリーで説明。中古物件でのリフォームなどつい忘れがちなこともしっかり書いてあって戸建でもマンションもためになる判りやすくオススメの1冊!

  • 出版社/メーカー: 晋遊舎
  • メディア: ムック




スポンサードリンク


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。