So-net無料ブログ作成

LIXILショールームで下見編②|トイレリフォーム [リフォーム]






目次:トイレをリフォーム、ネット調査から工事完了までの情報メモ

LIXILショールームで下見編①の続編

希望のトイレをプレアスHS→リフォレⅠ形に機種変!
実物を見るために2度目の来場です。直前だったのでやっぱり満員、予約無しのフリーで見に行ってきました。

今回は、受付で来場記入をお願いされました。
目的(新築・リフォーム)、箇所(トイレ・浴室など)住所・氏名、来場回数、依頼業者の有無などを記載しました。

前回と違って、今週末は混んでいました。
施工業者とお客さんペア、アテンダントとご夫婦ペア、ご家族など賑わっています。
ボッチだと多少、浮き上がっていますが気にしない。


リフォレの確認ポイントを順番に確認していきます。

トイレのフチ
触ってみると…、フチありかー。
プレアスHSは、完全フチなしだったのでちょっとがっかり。


キャビネットの作り
剛性感のある作りでタンクを丸ごと隠してくれる。
すっきりとした見た目になって満足しそう。
今のコンセント位置は、トイレの真横にあるので電源ケーブルが露出しちゃうかも。


便器の質感
ふつう。アクラセラミックと宣伝しているけどふつうな感じでした。


「お掃除リフトアップ」
リフトアップは、どうすれば…。
便器にかぶりつきで見まわしていたら「ご説明してもよろしいですか?」アテンダントさんが声をかけてきました。予約無しのフリーだと応対をしてもらえないと思っていたのでビックリ。どうやら予約のないフリーの来場者を案内する専任スタッフもいて、希望すれば商品説明をしてくれるようです。

早速、自分ではできなかった「お掃除リフトアップ」をみせてもらいます。
便座脇のボタンを押しながら…。リフトアップ!!

実にあっけなく、それでいてしっかりとリフトアップしました。
これだけあがるとお掃除もキレイにできそうです。


この機会に残念だったフチについて聞いてみました。

リフォレは、プレアスやアメージュと違ってフチあり便器です。
アテンダントさんによると、フチありだとがっかりするお客さんも多いそうです。

ただこのフチには理由があって

少ない水でも強力な水流によってキレイに洗い流すパワーストリーム洗浄を 最大限に発揮するためのフチで水が外に飛び出ちゃうのを防いでいる。

そうです。
フラッグシップ便座のサティスもパワーストリーム洗浄があるのでフチありです。

あと、重要な理由が「男子の跳ね返りの防止」
便座の裏が汚れるのを軽減しているようです。


アクラセラミックのデモも見せてもらいました。

アクアセラに油性マジックでイタズラ書きをしたあとに水を霧吹きで吹きかけると
マジックが浮き上がってとれちゃう!!キレイ キレイ トイ トイ アクアセラ!
アクアセラミックは全然、ふつうじゃなかったです。


あと、気になっていたのが便利なオート機能。
たくさんあるオート機能だけどなかにはお節介な機能もあります。
お節介なオート機能を停止できるか聞いてみました。

できます。(即答)


これでリフォレの気になるところはなくなりました。
トイレリフォームは、リフォレで決定です。






スポンサードリンク


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。